収入保障保険について


みかづきナビです。

5bc73969b5aa3ee520f2e907514395af_m

今日は収入保障保険についてです。

コツ4-3

収入保障保険は、その名の通り

「収入」を「保証」する「保険」です。

簡単に説明しますと、お給料の代わりに受け取れる保険です。

例えば

「自分に万が一のことがあったら、家族の生活が大変だ。自分が生きていれば60歳までは確実に働くだろうから、それまでは毎月20万円を支払って欲しい。」

というご要望を叶える保険です。

ちょっと前まで、保険というと

「死んだら5000万円!!」

みたいなものが主流でした。

いっぺんに大きなお金が受け取れる保険です。

それが今は収入保障保険が主流になりつつあります。

ご家族がいらっしゃる方であれば、どこの保険ショップに行っても、必ずと言っていいほど提案されるのではないでしょうか?

図1

理由はメリットがたくさんあるからです。

1 保険料が安い

2 保険料がずっと変わらない(更新の度に保険料UPすることがない)

3 毎月保険金を受け取れるので、ご家族が今までの生活と同じリズムで暮らせる

と言ったところでしょうか

保険料が安いのには理由があります。

一昔前の保険は、こんな形でした。

blog_001

 

例えば、30歳から60歳まで5,000万円の保険は、いつ亡くなっても5,000万円でした。

ですが、収入保証保険は絵にするとこんな感じです。

上の図に比べ、面積が半分になっています。

ムダな部分を除いているので保険料が安いのです。

blog_002

では何がムダなのかと言うと、

収入保障保険の場合

30歳で亡くなった場合は、

20万円×12ヵ月×30年(30歳から60歳まで)=7200万円受け取れるのに対し、

40歳で亡くなると

20万円×12ヵ月×20年(40歳から60歳まで)=3600万円

50歳で亡くなると

20万円×12ヵ月×10年(50歳から60歳まで)=1800万円

と、少しずつ受け取れる金額が減っていきます。

「少しずつ減る」と言うのは何となくイメージが悪いですが、よくよく考えると非常に合理的なことに気づくはずです。

30代の頃と50代では「家族に対する責任」が違うからです。

一般論として30代の頃は、お子様も小さい、そして住宅ローンも沢山残っています。

それに比べ50代になると、お子様も大きくなっています。住宅ローンも減り、貯金も増えている方が多いのではないでしょうか?

つまり、この時点(50代)でお亡くなりになっても30代の頃に比べれば経済的なインパクトは少ない、ということです。

生命保険もそこまで大型な(5000万円くらいの)ものは要りません。

必要のない50代の大きい保障のための保険料を若いうちから払っていく、これがムダです。

10年前くらいまではほとんど認知されていない商品でしたが、ここ2,3年で急激に広まりました。

大手の国内生保もどんどんこのような商品を投入しています。

これから保険に加入する方、見直しをする方は、ご検討されてはいかがでしょうか?

みかづきナビでは、各社の収入保証保険のご提案に一番力を入れています。

是非ご相談下さい。

 収入保障保険の特集サイト

この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます。

オススメ!!収入保障保険の見直しを!!

収入保障保険と就業不能保険

収入保障保険ってわかりにくい。。。。

blog_banner01 slide02 slide01


2月 12th, 2014 by