朝マックと募金


みかづきナビです。

みかづきナビのオフィスの近くにマクドナルドがあります。

どうでも良い話ですが「朝マック」私大好きなんです。

特にソーセージマフィン 100円。

本当に100円で良いんですか?と思うくらい美味しいです。

ただ、最近はコーヒーとセットの200円を強烈にプロモーションしてまして、ソーセージマフィン1個だけを頼むのが後ろめたいんです。。。。

メニューにも「単品100円」と小さく書いてありますし、マフィン一個しか頼まないなんて、店員さんも

「こいつセコイな。。。。コーヒーくらいつけろよ。。。」

と思ってるんではないか?

心の中の「チッ!」という舌打ちが聞こえそうな気がします。(そんなことないでしょうけど)

しかし、私は勇気を振り絞って頼みます。

「ソーセージマフィン1つお願いします!!」

そして元気に100円玉を出します。

ふとレジの横を見ると「ドナルド・マクドナルド・ハウス」の募金箱が。。。。

皆さん、ドナルド・マクドナルド・ハウス、ご存知ですか?

マクドナルドが行っている事業で、病気の子供を持つ親が、子供の治療に付き添えるよう、病院の近くに1泊1000円でご両親が泊まれる施設を運営しています。

このハウス。みかづきナビの近くにある東大病院の敷地内にもあるんです。

私、スタッフが東大病院で出産をした関係で何度か伺ったのですが、たまたまそのスタッフの入っていた部屋がNICU(新生児集中治療室)の目の前でした。

憔悴しきったお母さん、お父さんが何人も来られていました。

私も保険の仕事をしていていつも思うんですが、誰かが病気になると、もちろん大変なのはご本人なんですが、周りのご家族の心労も相当なものです。

特に小さいお子さんが病気になられると、お子様の難病治療は病院が限られますから、場合によっては遠方の病院に入院しないといけないこともあります。

そんな時にこのドナルド・マクドナルド・ハウスが病院の近くに一泊1000円で宿を提供してくれるわけです。

ですから日本全国の子供の難病治療を行う基幹病院の近くにしかありません。現在9か所に開設しています。(2014年3月現在)

東大の敷地内にあるハウスもその1か所ですね。

無料でないところも渋いです。別にマクドナルドくらいの企業からすればタダでも良いんでしょうけど、いくらかでも支払えば、使う側も堂々と使えますから。

NICUで病気と闘う子供たち、その親御さんたちに「かわいそう。」「大変ですね。」「きっと大丈夫。」そんな声をかけるより、なるべく負担なく一緒にいれる環境を提供する。

マクドナルド、やるじゃん。と思ったわけです。と、同時に

「よし!俺もマクドナルドに行ったら絶対募金をしよう。一生、募金をしよう。朝マックくらいしか食べないけど」

とその時決意しました。

なので、本日もソーセージマフィンにコーヒーを付けない後ろめたさに耐え、100円を募金箱に入れました。

と、その時、店員さんが

「おお!ありがとうございます。」

と一言。「ありがとうございます」の前に「おお!」がついたのは

「こいつセコイのにやるじゃん」

ということでしょう。

気を良くした私はもう100円を追加で投入しました。チラッと店員さんを見る私。

しかし店員さんは無反応。

誰かの反応欲しさに募金を追加した自分を恥じました。

だったら初めから200円入れておけよ。ということです。。。。

本日の朝の出来事であります。

 

blog_banner01 blog_banner02slide02 slide01

ba_side_topics

 

 


3月 7th, 2014 by