武井咲さん FP的観点で見る「歌手」との結婚のメリット


こんにちわ。みかづきナビ 代表 加藤です。

IMG_7805

鼻からキュウリが出るほど驚いたエグザイル TAKAHIROさんと武井咲さんのご結婚。

多くの祝福の声がある中、早くも武井さんの今後のキャリアや、現在の仕事に関する違約金についての報道がされ、人気者同士ゆえにその影響は小さくないということでしょう。

私はファイナンシャルプランナーとして、さまざまな方の相談に乗りますが、その中には数は少ないものの「芸能人」の方も含まれます。

芸能人と言うと、周りから羨望の目で見られる一方、常に「収入が不安定」というイメージが付きまとい、実際にお話を聞いてもその通りです。

前年と収入が2倍、3倍に倍増することもあれば、逆に1/2、1/3になることも少なくありません。

しかし、同じ芸能人でも「歌手(を含めた音楽関係)」と「それ以外」で、この収入の波は異なります。

nami

重要なことは「誰からお金をもらっているか」という観点です。

基本的に歌手はお客さん、つまり自分のファンの「個人」です。

コンサートへの来客者やアルバムの購入者が収入の基礎となります。

個人から直接に収入を得ていることが強みで、どのような歌手にも固定的なファンがいるため、世の中的には

「終わった」

と言われていたとしても、過去のヒット曲の印税やコンサートなどでその収入は意外と底固いことが多いのです。

俳優でも舞台を中心にしているような方にも同様のことが言えますが、テレビや映画中心の俳優や、テレビだけに活動が限定されるタレントなどは、その収入のほとんどがテレビ局からのギャラと企業のイベント、CM出演料などに限られます。

 

cm

テレビ局の裏側にもスポンサーとしての企業がいますから、結局のところはそれらの企業群が生殺与奪権を握ることになり、その企業もまた一般消費者を意識して起用を決めるため、必然的に人気や収入は

「イメージ」

という正体のない幽霊のようなものに左右されます。

見も蓋もない言い方ですが、要は

「個人から広く薄く集金するか」

「企業から大きく集金するか」

という違いで、同じ芸能人でもビジネスモデルが異なるのです。

そのため、何かトラブルがあっても「個人崇拝」の上に立つ歌手や一部の俳優は強く、「企業=イメージ」の上に立つ俳優、タレントは弱いということになります。

以前、タレントのベッキーさんとゲスの極み乙女。の川谷さんの不倫が発覚した時も、企業からの収入に依存するベッキーさんの方がそのダメージが大きかったことでもそのことが分かります。

bekki

ファイナンシャルプランニングの観点から見ると、前者の方が後者よりも強いですが、このようなことは改めて指摘されるまでもなく、ご本人達が一番分かっています。

更には常に若い才能が出てくる芸能界においては、

いつまで活躍できるのか。。。

という不安が付きまとい「歌手以外」は印税収入もないため、仕事がなくなれば収入はゼロになります。

そして実際に落ちていく人も多いため、若い頃からそういう先輩たちを見ていれば自分もどのような道を歩むのか自ずと分かるのかもしれません。

武井咲さんも人気絶頂の中、23歳という若さでの結婚、出産は傍目には「もったいない」と思われるかもしれませんが、FP的な観点から見れば意外と賢明な気もします。

takei

もちろん、相手を愛していて、その男性の子を宿したから結婚する、ということでしょうが、結婚も契約の一緒。そして女性は現実的ですから、好きなら誰でも良いというわけではないでしょう。

10代から芸能界で活躍した武井咲さんが、自分とはビジネスモデルが違う「歌手」を生涯の伴侶として選んだことは、このようなこととは無縁ではないかもしれません。

20代前半とは思えない「黒革の手帳」の妖艶な演技を見るに、勝手ながらそう思ってしまいます。まあ、これも実態のないただの「イメージ」ですが。。。。

超ゲスイ、本日のコラムでした。

 

 


9月 8th, 2017 by