清水良太郎は何をモノマネしたのか?


覚せい剤使用で逮捕された清水良太郎容疑者。

「二代目(二世)はこれだから。。。」

という声があちらこちらから聞こえてきますが、「自分の教育が悪かった」と泣きながら会見した清水アキラさんの姿を見ると、子を持つ親としては他人事ではありません。

sihizmi2

ところで、一般的に言う「二代目」や「二世」とはそもそもどのように定義されるのでしょうか?

あくまで私の考えですが、広い意味では

「成功した親を持つ子」

であり、より狭く定義すれば、

「成功した親を持ち、その親と同じ道を進む子」

ということになるでしょう。

共通するのは親が成功しているということですが、職業柄、多くの家の事情を見てきた私としては、原則的には「親の成功」は「子供の成功」に直結しやすいと感じています。

その理由の第一は「初代」の資産を背景とした教育機会に恵まれることです。

一般論として高等教育を受ければ、それが年収に反映することは広く知られたことで、単純に成功への近道となります。

実際、清水アキラさんのご長男もパイロットという『狭き門』の職業に就いており、次男もお父様の所属事務所の社長をつとめています。

では狭義の「二代目」はどうか?と言えば、こちらは「より成功に近い」と言えます。

fb2ac7ff87eba9e107972875c6debd8f_s

まず、同じ職業を選ぶので、業界での親のコネクションをフルに使える上に、

「最高のお手本」

が近くにいるのですから、それを模範していれば基本的に失敗する可能性は低いでしょう。

親が医師で子も医師、クリニックを継ぐ。

というのが一番分かりやすい事例で、その他にも多くの中小企業の経営者や職人の世界で、二代目、三代目が活躍していることを見れば明白です。

しかし。。。

時に今回のように超ド級の不祥事を起こすバカ息子(もしくは娘)を生み出すこともあります。

二代目は振れ幅が大きい

これは前職の生命保険会社でも良く言われていたことで、基本的には皆さん出来が良いのですが、ごく稀に物凄いモンスターが出てくる可能性があるのです。

あくまで私見ですが、成功者のお子さんには「困ったちゃん」が兄弟姉妹で1人くらいはいる印象です。

36bc6f9934cfec52b560e9362d5be8bc_s

ポイントは「価値観」ではないかと思います。

私のお客様には初代も二代目(三代目も含め)もいますが、圧倒的に「初代」が多く、例外なく皆さん「個性的」。

独自の考え方、人との付き合い方、金銭感覚をお持ちです。

これらの「独特の価値観」は良くも悪くも子に濃厚に伝播しますが、たいていの場合は成長の過程で、学校や勤務先など「別の価値観」と触れ合うことで中和されていきます。

「自分の家では〇〇が当たり前だと思っていたが、普通の家では違った。。。」

というやつです。

「親から授かった価値観」と「自ら接した価値観」を取捨選択して、

「自分の価値観」

を30歳くらいまでに構築するのが一般的ですが、このプロセスは意外と重要で、多くの「初代」はそのことを肌感覚で知っています。

そのため、我が子にも海外留学や旅行などを推奨し、また社会人になってもすぐには自社には入社させず、「外の世界を知れ!!」と、取引先の会社などに預け、様々な価値感に触れさせるようにするのです。

840bd59721559efc45552fb53d2bc799_s

しかし、このような機会を得ず、親の価値観のみで純粋培養されたら。。。

少々語弊があるかもしれませんが、自ら事業を興したり、ある分野でトップに上り詰めた「初代」は、どこか「狂気」をはらんでいる人が少なくありません。

何かに「狂うくらい」に集中しないと一流にはなれないのでしょう。

その「狂」の部分のみを継いでしまえば、大きなトラブルを招きます。

清水アキラさんにしても、モノマネという芸の世界であれだけの地位を築いた方ですから、破天荒な部分を持っていたとしてもおかしくはありません。

sihmiz4

とは言え、これとて「親に責任があると仮定すれば」という程度の話であり、基本的には大人になれば全ては自己責任。

いくら初代が個性的で、その価値感に影響されたとしても、覚せい剤に手を出し、更には関係のない女性にもそれを強要するような行為の言い訳にはなりません。

「最高のお手本」が身近にいながら、彼は何をモノマネしたのか?

芸能界に復帰することは難しいでしょうが、どんな仕事でも良いのでしっかりと更正し、お父様を安心させてあげて欲しい。そう切に願います。

本日のコラムでした。


10月 26th, 2017 by