私が聞いた極端な暑さ対策


一体どうしたことか?・・・・

どう考えても暑すぎる。

一応、週に1,2本をノルマとしている本ブログも、こう暑くては真面目な話をする気にもなれない。

そこで本日は、色々な方の「暑さ対策」をお送りしたい。

なお、前もって言っておくが、それぞれの知恵を披露してくれた方の多くは経営者であり、要は何でもありである。

一般的には何の参考にならないので悪しからず。

1 ワイン & シエスタ

st1

恵比寿にオフィスを構えるA社長は、ランチの時にワインを飲み、その後15時ごろまで昼寝(シエスタ)をする。

まるでスペイン人のようだ。

この方の行きつけのレストランは何故かランチ時のドリンクバーに赤白のワインが置いてあるが、ある時、ご一緒すると入店してまず白を1杯。

運ばれてきたハンバーグ定食をツマミに赤を2,3杯。最後にデザートを食べながら締めの白を1杯飲んでいて、

「おいおい、飲みすぎだろう」

と思っていたが、良く見ると、周りのおじさんやOL達も飲んでいる。

流石、恵比寿!!なのか、その店に集まる人だけが特殊なのか知らないが、意外と昼間から酒を飲んでいる人が多いことに驚いた。

ちなみにこの社長さんは15時まで昼寝して、17時にはまた飲みに行ってしまう。

「一体いつ働いているんだ?」

と思うが、

「寝ながらアイディアを練っている」

とわけのわからないことを言っていた。

12a45938bcb427bb426157f8e4315f97_s

 

2 スーパークールビズを超えた「ハイパー」クールビズ

ピンクレディーじゃないですよね?

思わずそう言いたくなるのは、Bさん。

やり手の女性経営者だ。

白いタンクトップにピンクのホットパンツ。そして一面スパンコール(こんなやつ↓)

hot

思わず目のやり場に困るが、夏場はいつもこんな格好で過ごしている。

この格好で重要な顧客のもとにも赴くそうで、びっくりする相手の反応にはまったく意に返さず、

「だって暑いじゃん?」

と一言。

女性で、しかも美人であれば、どんな格好でも許されるのである。

ちなみに42歳の私より年上であることを付け加えておく。

 

3 昼間は働かない

d93447b048598dbe8875eac84be204ce_s

これは某社の会社員だが、彼の勤める会社は異様なほど労務管理が緩い。

一応はフレックスタイム制で、コアタイム(その時間は会社にいないといけない)も設定されているが、誰も守っていない。

そのため彼も「涼しくなる」夕方ごろに出社して夜の10時くらいまで仕事し、それ以外は家で作業をしているそうだ。

IT系だから許されるのだろうが、毎日「ミヤネ屋」を見てから出社するらしく、そのためワイドショーネタには異様に強い。

 

4 夏は働かない

822fa2ae5a2bacdaf33a7f14b3e2fb00_s

昼間どころか「夏は」働かないという究極のスタイル。

私と同じ業界の方で、完全歩合だからこその自由だろう。

「夏は暑すぎてムリ」

と豪語し、例年11月から翌年6月ごろまでに自分の食い扶持を稼いでしまう。

7月から10月までは家族や友人たちと旅行三昧で、秋が訪れ肌寒くなってくると、

「そろそろやるか」

と言ってお客様先を回りはじめる。

ご自身でも

「季節労働者」

と自負しておられる。

 

 

 

以上、極端すぎて全く参考にならない「夏対策」をお送りした。

本日のコラムでした。


7月 24th, 2018 by