ダンナのお小遣いをめぐる切ない話・・・


習志野のトム・クルーズ。

人は彼をそう呼ぶ。

トム・クルーズ風のサーファー風のくたびれたおっさん。という感じか。

1年前。そんな彼から電話がかかってきて、こう言う。

「俺の小遣い、10日で1万円なんだけど、どう思う?」

更にこう続く。

「あと、朝のゴミ出しと犬の散歩をすると100円貰える。1ヵ月間、1日も休まずに『コンプリート』するとボーナスとして+3,000円」

つまり10日の1回の1万円と、朝の「仕事」で月3.3万円。ボーナスがあれば3.6万円ということか。

弁当などを用意してくれるわけでもないので、昼飯代を含めるとギリギリ。

「コンプリートボーナス」がないとキツイらしい。

「どう思う?」

改めてそう言われても特にコメントはない。

要は自分の窮状を訴え「少なすぎるだろ?」という同意を求めているのだが、ここで安易に「そうだな」と言うわけにもいかない。

「『3.6万円は低い』友達の〇〇もそう言っていた」

夫婦喧嘩の際、〇〇に私の名前でもはめられた日には、トムの奥さん、私は会ったことがないが、彼曰く「習志野のアンジェリーナ・ジョリー」の反感を買うだけで、何のメリットもない。

答えにつまり、データに逃げた。

「新生銀行のお小遣い調査って知ってるか?」

1979年から会社員を対象にした調査で、2019年の結果は以下の通り。

・男性会社員の平均お小遣いは 36,747円

・前年比 -3,089円となり、調査開始以来2番目の低さ

・世代別では40代が最も低い

 20代 37,548円
 30代 37,436円
 40代 33,938円
 50代 38,051円

景気が良いはずなのに、前年から大幅ダウンとなったのは、働き方改革で残業が減ったことが要因。

多くの家で「残業代=お小遣い原資」となっており、それが減ったことで「お小遣いも」となったのだろう。

また、40代が低いのは、学費や住宅ローンなどの出費が重なることによるもの。

全世代平均 36,747円。40代平均 33,938円。

これと比較すると彼(40代)のお小遣いは「標準的」で、コンプボーナスを得れば40代平均よりは多いことになる。

「と言うことだ。奥さんがしっかりしているということだな。」

容易に賛同を得られると思っていたところ、統計データまで持ち出され、トムは消化不良。愚痴は止まらない。

「しっかりなんてしてねーよ!!だってさ」

と、今度は犬の話に移った。

アンジェ似の彼の奥さんは愛犬のノンちゃん(ヨークシャーテリア:オス)を溺愛しており、海外製の高級な餌を与えているそう。

他にもトリミングや病院など、その費用だけで月に数万円。

それが彼のお小遣いが少ない一因でもあると言う。

「全然、しっかりなんてしていない。犬の無駄使いのしわ寄せが俺に来ている」

「ダンナは犬以下だよ・・・」

そう自嘲する彼にかける言葉はない。

そのため、トムはこの犬のことを心の底から憎んでいて、散歩中も「目も合わさない」そうだが、当のノンちゃんは毎日散歩に連れていってくれるトムが大好き。

だからなのか、トムがアンジェに虐められていると、ウゥ~!!と唸り声を上げて噛みつくそうだ。

それにショックを受けて更にヒステリーを起こすアンジェ、八つ当たりされるトム、噛みつくノン。

海外映画のパロディのようで想像しただけでも面白いが、そこには何の出口もない。

「そんなに金欲しいなら、副業でもしろよ。」

そう言うと、

「確かにそうだな。良いアドバイスありがとう!!」

と明るく電話を切った。

それから1年。

再び彼から連絡が入る。

何でも彼の妻が「稼げる副業」を見つけてきたので、協力して欲しいと言う。

話を聞くと、無農薬、無〇〇酸、無〇〇成分(〇〇のところは忘れた)の「ペットフード」の販売を始めたらしく、それさえ食べていればワンちゃんは健康で長生きできるそうだ。

アンジェのペット仲間から紹介されたらしい。

「へー、でもうち犬いないよ。」

我が家にも犬がいれば付き合いで買ってあげても良かったのだが、肝心の犬がいないのでは協力しようがない。

しかし、トムの話は思わぬ方向に。

「いや、そうじゃなくてさ。俺がスーパーバイヤーで、お前にシニアバイヤーになって欲しいんだよ。で、下にどんどんバイヤーを付けるだろ?そうすると、売れた分だけ、俺とお前に金が入ってくんだよ!!凄くない?」

それを人はネズミ講(マルチ)と言う。

犬にネズミになんとも動物好きの夫婦だ。

既になけなしの貯金で数百万円分の「ペットフード」を仕入れたと言う。

末端価格にすると5,000万円にはなるそうだ。

思わず絶句したが、もう止めることは出来ない。

「そうか。俺は遠慮しておくが頑張れよ・・・小遣い増えると良いな。」

そうエールを送る。

「だな。エグゼクティブバイヤーの人からは『毎月100万円のお小遣いが稼げますよ』って言われてるから、頑張るよ!!」

スーパーの上はエグゼクティブ。そのことだけは理解出来た。

「何事もチャレンジだから!!」

トムはそう言って明るく会話を終えた。

彼の「チャレンジ」は完全に間違っているが、それでも1年前に愚痴しか言っていない頃よりは輝いて見えた。そんな気がした。

トムとアンジェとノンちゃんに幸あれ。

習志野の空に向かって、そう祈る。

それくらいしか私に出来ることはない。

本日のコラムでした。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


9月 19th, 2019 by