老後、まずは年100万円の「副収入ブロック」を作れ!!


「老後」

誰にとっても心配なことの一つでしょう。

そのため、ファイナンシャル・プランニングの相談でも老後の話が多いのですが、その際の質問はほぼ下記2つに集約されます。

「いくら必要?」

「どうすれば良い?」

一般的な認識として、前者について夫婦なら3~5,000万円、単身者なら2~3,000万円と言われています。

しかし、後者(どうすれば良いか?)についてははっきりしています。

貯めるしかない

そう言うと、ほとんどの人が「ですよね・・・」と言って黙りますが、ある日突然、天からお金が降ってくるわけではないので、これは仕方がありません。

また一口に貯めると言っても色々な方法があります。

・債権投資(大枠では貯蓄型の保険もこれに入る)

・株式投資(投資信託など)

・不動産投資

・貯金

・その他(ビットコイン、先物、金など)

どれを好むかは人それぞれですが、債権も株も不動産も、しっかりリターンを得るにはそれなりに時間がかかるので、取り組むのであれば早いに越したことはありません。

この時、まず目標にするべきは

・老後、年間100万円入ってくる『副収入ブロック』を

・まず1つ作る

ということです。

何故100万円なのか?

FPとしての経験上から言えば、公的年金に+100万円程度の副収入があれば

多少は余裕を持った生活

を送ることが出来るからです。

この副収入が「ある」のと「ない」のでは大違いです。

まずご夫婦の場合、共働きが専業主婦かなどにもよって変わってくるものの、老後の年金はほぼ20~25万円/月くらいが確保されていることが多いです。単身者だと20万円前後でしょうか。(国民年金だけの方などは別です)

もちろんこれだけでも生活していけないこともないですが、やはりちょっと寂しいところ。

ちなみに、少し話が横道に逸れるますが、よく

「老後はお金なんか使わないから」

とおっしゃる方がいます。しかし、それは大きな間違いです。

仕事をせず、時間に余裕がある方が意外とお金を使います。

あれを観てみよう、あそこに行こうなど、アクティブに活動していれば、それに伴い出費も増えるので、食べて寝るだけなら20~25万円でもやっていけるかもしれませんが、趣味や旅行などを満喫するには、プラス+8~10万円くらいの収入が重要になります。

つまり、年間にすれば約100万円くらいです。

えっー!!年100万円かぁ~ ハードル高いなぁ・・・

そうおっしゃる方も多いですが、実はそこまで難しくありません。

例えば、私の専門の保険で言えば、30歳から毎月2万円ずつくらい積み立てていれば、65歳から一生涯(生きてる限り)年間100万円くらいの年金が入ってくるプラン(外貨建年金)があります。

もしくは、大手企業にお勤めの方であれば、都心の中古マンションなどを買っても良いでしょう。

勤務先の信用で、投資用マンションでも頭金1割で2,000万円前後の物件を買えます。

それを「貸し」ます。

だいたい20年~25年程度でローンが終わるように設定し、返済は家賃収入でまかないます。

そのため、その期間中は、家賃が返済と管理費などに消えますので、手元に利益は残りません。

それどころか空室期間中は自腹で返済しないといけないので、ノーリスクではありませんが、「貸せる物件」さえ選べば、ローンのほとんどは賃借人が返済してくれます。

そして、20~25年後。ローンは完済され、家賃がそのまま収入になります。

2,000万円程度の物件なら、家賃相場は8~10万円前後なので、ほぼ年間100万円の副収入が確保出来ることになります。

株式投資もコツコツ続けていれば、市場の急騰、大暴落などを繰り返しても、長い目で見れば増えます。

自身の性格に合わせて、これらの方法の「どれか」を選んでも良いですが、とにかく老後に年100万円入ってくる「ブロック」を作ることが大事です。

そして、まず第一ブロックを作ったら、次に第二ブロックを作ります。

出来れば、前回とは違う種類の「ブロック」の方が良いでしょう。

株と不動産、不動産と保険、など、性質の違う資産の方が、様々なリスクをヘッジして「相互補完」してくれるからです。

このブロックを2つ、つまり年200万円(15~17万円/月)の収入が確保されていれば、年金と合わせて月40~50万円前後の収入を得ることが出来るので、老後の心配はかなり解消されます。

老後を「65歳~90歳(25年)」と定義するなら、年200万円の副収入の合計は25年で5,000万円(200✕25年)となり、ご夫婦でも単身者でも安心出来る備えとなるのではないでしょうか?

 

老後に対し、漠然とした恐怖を抱え、何もやらない方も多いですが、いつかいつかは、と言ってるうちに確実に歳を取ってしまいます。

あまりハードルを上げずに、

まずは年100万円のブロック1つ

これを目標に行動してみてはいかがでしょうか?

本日のコラムでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


9月 11th, 2021 by