保険屋が入っている保険


みかづきナビです。

「今日は「保険屋が自分で入っている保険」についてです。

これ、良く聞かれます。

「保険屋さんってプロでしょ?どんな保険に入ってるの?」

という質問です。

と言われても人それぞれですが、あくまで傾向をお話ししますと、掛け捨ての保険に入っている人は非常に多いです。

特に「収入保障保険(会社によっては家族収入保険とも言います。)」という保険に入っている人が圧倒的です。

ちゃんと調査したわけではないので断定は出来ませんが、私の周りで言うと90%以上は加入しているのではないでしょうか?

収入保障保険はみかづきナビのサイトでも散々説明してますので、細かい説明は省きますが、要は万が一の時にお給料形式でお金を受け取れる保険です。

私自身が入っているものですと、65歳 40万円というプランです。

私が死んだら、妻に私が65歳になるまで(生きていればの年齢)毎月40万円が支払われる、というものです。

この金額の多い少ないはありますが、ほとんどの保険屋さんが入っているような気がします。

中には死んだら毎月80万円なんていう猛者もいます。

「亡くなった方が奥さん喜ぶんじゃないですか?・・・・」

なんて言うブラックジョークも飛び出します。

一つは、我々の業界は個人事業主が多いので、遺族年金があまり貰えない、というのもあります。

ですが。。。やはり一般の方々よりは

「死が身近にある」

からかもしれません。

blog_banner01

お客様がお亡くなりになったり、重い病気で苦しんでいらっしゃる姿を見ると

「自分もいつどうなる分からない」

と思います。

そのような理由もあって、一般の方よりは大きい保障に入る傾向があるのかもしれません。

また本来の「保険の本質」はあくまで毎月自分が負担出来る範囲のお金で、いざという時に大きなお金を受け取る。「小さいお金で大きい保障」ということです。

保険の仕事をしている人たちはこの本質を理解しているとも言えます。

また、終身保険や養老保険、年金保険など貯蓄系の保険に関してはどうかと言うと、これは正直申し上げて

「プロなので良い商品を知っている」

というところです。

ただ、これは時期にもよります。

最近の終身保険に関しては昨年の4月以降各社の利率が下がったので、個人的にはあまり魅力を感じません。

今から入るなら低解約型の終身なんかが良いと思います。(低解約型終身保険:一定期間、解約するとすごく損をしますが、その期間が過ぎると通常の終身保険より増える保険です。一度入ると解約しずらいですが、最後まで続けるとメリットがあります。)

あとは一部の保険会社から出ている年金商品などにも非常に良いものがあります。

そういう情報が耳に入ってくるんですね。

「おっ、これは良いな!!」

と思うものは自分で契約するようにしています。

ただ、この手の商品はすぐに販売停止や条件が悪くなることがあります。

保険会社が目標の金額を販売しきってしまうと、そこで終了する、ということもあるんです。

契約を急いでいないお客様には「今は良い商品がないので、ちょっと待ってた方が良いですよ。」とお話ししますが、その間に健康に問題が出てしまって入れなくなる可能性もあるので、タイミングが難しいですね。

今回は「保険屋が自分で入る保険」のお話でした。

もし収入保障保険や貯蓄に良い商品にご興味がありましたら、いつでもご相談下さい。

 

この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます。

 

収入保障保険の賢い使い方 いつまで保険に頼る?

収入保障保険について

保険にもブームがある?!

blog_banner01 slide02 slide01


2月 13th, 2014 by